負け続けてきた私が日本一になれた最大の理由

投稿日:2016.12.06 |投稿者:古川学 コメントをどうぞ

福岡にあるヒートという草野球チームで活動している古川です。
リクトの中の人です。

11月12、13日に新日本スポーツ連盟全国野球協議会主催の全国大会が開催されました。
私も先ほどまで知らなかったのですが、下記名称だったようです。

第31回全国スポーツ祭典軟式野球大会、第50回全国軟式野球大会

大会の看板

ニュースやFBページなどまとめてみました。

協議会FBページがヒート1色となっていたりして、まるでヒートのFBページの様になり大変恐縮です。
https://www.facebook.com/pg/baseball.njsf/videos/

新日本スポーツ連盟ニュース 堅守HEAT(福岡)が初出場初優勝~第31回全国スポーツ祭典軟式野球大会
http://www.njsf.net/info/recent/sports/baseball/4899.html

大会スコア
http://www.njsf.net/national/festival/img16/result_161113baseball.pdf

開会式

開会式会場

開会式は、滋賀県守山市民球場で行われました。
高校生の吹奏楽部とダンス部の皆さんも参加され、
生演奏に生バトンダンスが、聴けて、見れて、これだけでも、お得感のある開会式でした。

ブラバン・チアの高校生も参加

開会式前待機時間

開会式前のチーム集合写真

大会総集編動画

運営の方が作った感動の動画です。

私も終盤にチラっと出てきます。

動画とブログ記事タイトルでお分かりかと思いますが、優勝しました。
つまり日本一ですね。

大事な事なのでもう1度言います。
日本で1番になりました!

閉会式でメダルをかけて整列する選手

胴上げされる女性監督

2日間で4試合という、なかなかタイトな日程だった模様を1試合づつ振り返ってみます。

一回戦は東海の岐阜代表ミラクル

下位打線までいいバッターが揃い、強いチームでした。
最終回はランナーを出し、1打サヨナラもあり得る状況となり痺れる展開でしたが、先発投手が2安打完封に抑え1-0で辛勝。
ちなみに公式記録ヒート1安打。野手の私としては寂しい結果になりました。

1回戦スコアボード

二回戦は地元滋賀代表、昨年覇者ワイルドスピリッツ

先発投手が3安打完封に抑え1-0で辛勝。
あれ?また?
と思われた方も多いでしょう。2試合連続1-0です。
昨年度覇者にチャレンジャー精神で挑んだ結果です。
連覇を阻むという快挙。
得点は初回の1点のみ。いわゆるスミイチですね。

2回戦スコアボード

準決勝は関東の千葉代表、栄町クラブZ

得点は初回の1点のみ。いわゆるスミイチですね。
また!です。
2度あることは3度あるようです。

3試合連続1-0という快挙で、ヒートの試合としては滅多にない試合展開です。
1年のうち1-0の試合なんて1試合あるかないかの粗い打線なのです。
本当に投手に感謝ですね。

決勝は関西、大阪代表Bファイターズ

春の大会の決勝は、体力の限界を感じつつ、フラフラしながら大阪代表に負けました。
今大会は人数も揃い10人以上はいましたので、チームとして余力はありましたね。

チームは違えど大阪代表へリベンジする機会が決勝でやってきたのです。
(私は、決勝の開始時点で既に足がつりそうになっていました。)

今大会はファーストで出る事が多く決勝でも守らせてもらえました。

決勝のスタメン発表

決勝戦だけは、試合前にウグイス嬢のスタメン発表で一人づつ守りにつきます。
プロ野球を見に行くとやっている例のあれです。
観客は数えるほどの人数でしたけど、昔からやりたかった事を一つ成し遂げました。
観客席にボールを投げ込む。ただしサインボールではないです。

ボール投げ込む

結果は、8-1の快勝で念願の日本一を手に入れました。
4試合で1失点の素晴らしい投手陣の活躍と、
4試合でノーエラーだった守備陣、
1点を大切に取りに行った打線が揃って、
優勝という結果に結びついたのではないでしょうか。

足痛いから歩いて帰る
大会前には福岡サニクリーンさん、セントラルユニさんに練習試合を組んでいただきました。
いつもレベルの高い中で試合を続け1点1点を積み重ねる大事さを知っている、両チームと試合をしていたおかげかもしれません。

いつ野球できなくなるかわからない中、
野球をなんとかやっている間に日本一を経験できて嬉しい限りです。

日本一メダル

  • 小学生から野球をはじめ、福岡県大会決勝で敗退
  • 中学は全国大会の決勝で敗退
  • 高校は卒業後に2年連続で甲子園出場
  • 大学も春に現役引退後に同年秋に元チームメイトが神宮大会優勝で日本一
  • 今年春に行われた草野球全国大会、初出場も決勝で敗退

昔からいつもギリギリで逃していました。
日本一になり感じた事は、野球のルールの場合ゲームセットの時点で相手より1点でも多く取れば勝ちです。
チームとして1点にこだわる事ができたから優勝できたのではないでしょうか。

ホームページ制作でも、ライバルサイトより僅か「1点」だとしても、僅かに優れたコンテンツ、僅かに優れたページを作っていきましょう。
1点でも多く!をやり続けた結果、”日本一の○○”になれるかもしれません。

日本一(になったラッキーボーイと)ホームページを作ってみませんか?
お問い合わせは下にありますバナーからお願いします。