リクトマガジンmini 2019年6月号

投稿日:2019.06.25 |投稿者:管理人

発行:株式会社リクト  https://www.lct.jp/


リクトでは定期的にリクトマガジンを発行しています。
リクトマガジンminiでは、メルマガから抜粋してお送りいたします。

目次

■第10回ウェブ屋さん交流会開催レポート
■リクトマグ 今月の人気記事TOP3
■生きる名言集(棋士編)
■編集後記

◇第10回ウェブ屋さん交流会開催レポート

当社リクトが年に2回主催する「ウェブ屋さん交流会」が
先週の金曜日(6月21日)に開催されました。スタッフ含め
約120名の参加で、盛況のうち無事に幕を閉じることができました。

記念すべき第10回目ということで、今までとはちょっと違った雰囲気を考え
普段主に結婚式場として使われている福岡市は大名の「THE VILLAS」を会場に決定。
https://fukuoka.villas.jp/

ウェブ屋さん交流会は、Webに関わる方々の横のつながりを広げるための交流会
としてスタートしましたが、ここ数回はWebの枠を超え
異業種の方々のつながりの場として機能する一面を持つようになりました。

ある参加者からは
福岡以外でこの規模の交流会はまず見ないから絶対に続けたほうがいいと言われ、

またある参加者からは
ネットで検索したらなぜかこの交流会の情報に辿り着いた(Facebookで告知するか
口コミが基本なのにどうやったら通常の検索に引っ掛かるのか逆に知りたい)と
言われました。

そうする中でこの交流会を主催する意義というものをあらためて
考えさせられる機会となりました。

次回からは年に1回の開催となりますが、引き続き
広くご案内してまいりますのでその際はぜひご参加ください。
(今回の様子はまたブログにて更新いたします)

◇リクトマグ 今月の人気記事TOP3

弊社が運営しているWebブランディングに役立つ情報サイト
「リクトマグ」に掲載している記事をピックアップしてお届けします。

【1位】
利き脳であなたの性格と考え方がわかっちゃう??利き脳性格診断♪
https://lctmag.media/web/1175/

【2位】
そもそもタピオカって何? 〜 タピオカに見るインスタマーケティング (前編)〜
https://lctmag.media/lct_blog/6243/

【3位】
きっと外さない! 福岡“食べる”観光
ご案内2軒目
蕎麦 和 なごみ
https://lctmag.media/fukuoka/6110/

◇生きる名言集(棋士編)

世の中には素晴らしい言葉がたくさんあります。

それらを聞いて、いい言葉に触れたなぁで終わることなく
自分なりに解釈し活かすことが大切なのかもしれません。

———————————————————————-
▽升田 幸三(ますだ こうぞう)
(詰め将棋は)頭の中で将棋をする練習にやるんです、想像性を養うために。

▽米長邦雄(よねなが くにお)
過程でまったく笑いがない場合には、どこかで破綻が生じる。

▽加藤一二三(かとう ひふみ)
人間的な深みが増すにつれ、将棋にも円熟味が出てくる。
将棋をやる体力も30歳と60歳とではそれほど関係ないはずです。

▽谷川浩司(たにがわ こうじ)
将棋を指しているとき、現局面については悲観的、未来については楽観的ですね。

▽羽生善治(はぶ よしはる)
対局相手は自分の個性を引き出してくれる存在。

◇編集後記

ここ何号かにおいて
前項の生きる名言集とこの編集後記は関連付けた
記事内容にしています。

先日兄との会話中、たまたま母方の祖父の話になりました。
母方の祖父は焼酎と将棋をこよなく愛する人でした。

長年苦楽をともにしてきた祖母は五目並べしかできない人でしたから
祖父の対局の対象といえば、新聞の詰め将棋か
たまに遊びにやってくる我々孫だったのです。

祖父は「歩」の存在を重宝し、うまく扱う人でした。

我々から見るととても意味がありそうには思えない場所に歩を打ち
こちらがその歩を無視していると、結果そいつに最後の最後で逃げ道を塞がれ
詰まれるといった場面が何度もありました。

そこで祖父はよくこう言うのでした。

主役を主役たらしめるのが脇役の存在なんだ。
その一歩はとても小さいものだとしても。。

母方の祖父が亡くなってちょうど20年でしょうか。
一升瓶の焼酎とともに豪快に笑う祖父の写真が今も実家に眠っています。

(担当 コジマ)


今号も最後までお読み頂きありがとうございました。
次号もどうぞお楽しみに!