CMSのメリット・デメリット

CMSとは

CMS(Content Management System)とはコンテンツマネジメントシステムの略称です。コンテンツ管理システムとも呼ばれています。現在ではホームページ制作において一般的なシステムです。

最大の特徴は、インターネット上でホームページの更新や管理が比較的容易に行えます。CMSを採用していないホームページでは専門的な知識がないと更新や削除ができませんでしたが、CMSでホームページを構築することで、専門的な知識がなくもて情報の更新や削除が容易になりました。

ホームページ会社でなくても社内担当者での情報の更新が簡単にできます。更新料などの費用的な問題や更新作業期間などの問題が解決でき、社内担当者でスピーディーに情報を更新できます。

CMSのメリット・デメリット

CMSのメリット

  • HTMLなどの専門的な知識がなくてもページ内の更新が可能。
  • 誰が編集してもデザイン的な統一感がだせる。
  • 自社で更新できるため、更新したいときに更新できる。
  • SEOなど内部構造などを自動化で対応できる。

CMSのデメリット

  • 初期にルールを決めるのでルールに外れたコンテンツが作りにくい
  • 導入制作に知識がいる
  • 制作費用がかかる

細かく述べればたくさんありますが、これからホームページを制作しようとされているのであれば上記が主なメリット、デメリットです。デメリットはホームページ制作会社に依頼をすることで解消できる内容です。更新性などを考えて今では、CMSでのホームページ制作が一般的です。

リクトではWordPressを使用したオリジナルデザインのCMS制作をご提案しています。