リクトのユーザ目線とUX(ユーザエクスペリエンス)

弊社は創業当初より掲げている理念があります。
その1つに「閲覧者目線」があります。
閲覧者とは、一般的にユーザーと呼ばれているホームページ閲覧者です。
情報を伝えるべき相手は誰か。ということに気をつけてメンバーは日々の業務に取り組んでいます。

ユーザー目線について

私たちはサイトの情報を見に来てくれる閲覧者をヴィジターと呼んでいます。
サイト企画、制作から運用に到るまで、情報の届け先であるヴィジター目線を一番大切にしています。

  • サイト、ページの情報を誰にとどけたいのか
  • ヴィジターが見たときにその情報に違和感や誤字脱字がないか
  • できる限り難しい言葉を避け、わかりやすい表現になっているか
  • 伝えたい情報の順序や紹介は適切か
  • 画像はイメージにあった画像を使用しているか
  • 伝えたい情報の順序や強弱の関係は適切か

言いたいことの本質がぶれないように、かつヴィジターへ情報が届くように意識・工夫しています。

UX(ユーザエクスペリエンス)について

一言でいってしまうと「ユーザー体験」。
ユーザーが製品やサービスを利用することで得られる経験のことです。
ホームページでUXというと「デザインが綺麗」「情報が読みやすい」「お問い合わせまでの導線がはっきりしている」等々、ユーザーがホームページで情報の取得やサービス体験を通じて感じるものです。

サイトに対してポジティブな印象を持ってもらうためには、デザインやレイアウトの統一、サイトの利用のしやすさなどに注意することが大切です。

リクトのUX(ユーザエクスペリエンス)

ホームページに訪問するユーザーは解析ツール等で数値化することはできますが、目には見えません。この目には見えないユーザーの人物像をイメージすることから始まります。

ホームページを利用する人の年齢、地域、性別、興味、関心、仕事内容、どういうことに興味関心があり、どのような生活を送っているのか。現実とWebとの接点や繋がりや生活はどのようなものか、またどのようなタイミングでホームページを閲覧しているか。といったイメージを持つことが重要です。

コンテンツをユーザーに届けるために、ユーザの気持ちになり、常に閲覧者(ヴィジター)目線を持つことが、ユーザー体験の輪郭を形作ると考えています。