ブログ型ホームページ導入で受注件数を倍増。定期的なブログ投稿により、ホームページの価値を強くし続ける外壁塗装専門店。

有限会社辻塗装

今回は、春日市・太宰府市・大野城市・筑紫野市の住宅や店舗の外壁塗装・屋根塗装など、福岡県全域で対応工事されている「有限会社辻塗装」専務取締役/辻良太さんへのインタビューとなります。リクトでは「福岡で頼りになる塗装屋さん(有)辻塗装店」のホームページ(orコーポレートサイト)を制作させていただきました。

お客さまの満足度を上げるために下請け脱却を検討。
時代に沿った営業ツール導入で解決。

──ホームページ導入前の新規顧客獲得やリピーターの獲得にどんな手段を用いていましたか?

辻様:わたしがまだ入社していなかった時代の話ですが、9対1の割合で工務店さんからお仕事をいただいていたので、新規獲得のために何かを活用したことはないですね。
当時から営業はしていませんでしたし、元請けとしての依頼は知り合いの方からの紹介が主でした。

はじめて相談に来られたお客さまや、お見積りまでさせていただいたお客さまに対しても、その後こちらから追ってご連絡などはしてないですね。
それでも1年後ぐらいに「そろそろ来てください」と、あらためてご要望の連絡が入ることもあるんですよ。

一度工事したお客様に対しても、うちから営業をかけることなどはしていません。
ただ他の工事でご近所へと足を運ぶときに、その後の様子が気になるのでご挨拶程度で伺うことはありますが「しつこく思われるような直接的な営業をしない」ことは、昔から辻塗装店のスタイルとなっています。

──ホームページを作る前にどんな悩みがありましたか?

辻様:インターネットが普及し始めた時代で、先を見据えたときに、下請けではやっていけなくなる懸念はもちろんあったと思います。

ですが1番の悩みは、元請けじゃないと、塗装工事の幅が制限されてしまうことでした。
塗装屋じゃない営業の人から下りてきた工事だと、現場目線で見積もれていないこともあるため、手をかけるべき部分の塗装が予算の中で対応できなかったりします。

直接お客さまとやり取りができる元請けであれば、プロの塗装職人から見た細かい現場調査の段階で、漏れのない塗装工事をご提案することができます。
そのための営業ツールとして、ホームページを導入しました。

売上アップのきっかけは、ブログ型ホームページに変えてから。

──リクトが提案するホームページの導入前、導入後で何が変わりましたか?

辻様:防水塗装のお問い合わせが多かったのですが、住宅やアパートを対象とした外壁塗装の依頼が増えました。
また、本来ターゲットの中心としていた近隣地域の筑紫野市、太宰府市に対し、検索結果としてしっかり情報が届くようになった点は大きな変化だと思います。

山口社長からご提案いただいた改善点は、ホームページの構成を固定ページメインから、ブログコンテンツをメインに置いたリニューアルでしたが、ブログ記事の更新を続けた成果が現在進行形ではっきりと表れています。

──実際にブログ型ホームページを運用してみて、手応えを感じていることなどあれば教えてください。

辻様:工事全体のクオリティが向上しました。
ブログには、塗装工事の現場についてはもちろん、塗装全般に関わる細かい気づきも残しています。
書き続けるにあたって、塗装に関するさまざまなことをインターネット検索で情報収集するようになりました。

現場の経験値と情報を精査した上でブログに反映しているため、本当にいいことだけを伝えられるようになりました。
当然内部でも新たな知見を共有しますので、お客さまに提供できるサービスがより細かく選別できるようになり、総合的に塗装工事の成果が上がっています。

──売上に対するホームページの貢献度合いを教えてください。

辻様:元請けの割り合いが増えたので、必然的に売上は上がりましたが、収益の幅が広がったのは、ブログ型のホームページに変えてからです。
塗装工事の依頼を検討されている方も、インターネット検索を通して塗料や下地材について調べられているようで、うちのブログ記事を読まれてご依頼されるお客さまも増えてきました。

半日で終わる工事や月をまたぐ工事などさまざまなので、売上への貢献度を数値でお伝えするのは難しいのですが、マンションの塗装工事でも年間10件から15件ほど請け負っています。

ホームページを見て「辻塗装さんでこういうことできますか?」と問い合わせが届いたときに、すぐに自信をもって答えられる状態が、結果を生んでいるのだと思います。

ホームページ制作のパートナーとして、ともに課題へと挑んだ取り組みが実を結んだ。

──リクトにホームページ制作を依頼した理由をお聞かせください。

辻様:山口社長との付き合いももう10年くらいになるのですが、知り合った当初から親しみやすい印象でした。

どんな話でも耳を傾けてくれて、とても相談しやすかったので、ホームページについてわからないことなども、その都度聞いていました。
教えてもらったことも多く、当時の状況なども理解してもらっていたので、山口社長からの改善提案に悩むことなく全部お任せしようと、依頼した次第です。

──リクトにホームページを依頼して良かった点はありますか?

辻様:先の方向性など、希望が見えたことでした。
完成までの話し合いの中で課題が定まり、その一つひとつが現在、大きく実を結んでいます。
結果も出ているよいパートナー関係へと発展したことを嬉しく感じています。

インタビューデーター
文責 ざつね屋
ご協力 辻良太 さま
インタビュー日 2018年3月1日
企業データー 辻塗装
[筑紫野店]福岡県筑紫野市杉塚7-11-20
[太宰府店]福岡県太宰府市吉松1-5-1
辻塗装
ホームページ公開日
2010年8月3日