採用ブランディングのご案内

「高い求人広告費用を払い続つづけているのに、効果が出ない…」

 

「広告媒体以外での採用手法をさがしている…」

 

「本業と並行しての採用業務を任され、限界を感じている…」

 

人材採用に課題を抱えている経営者・採用担当者の方へ

人材採用の競争激化が起きている昨今、中小企業にとって「人材採用」は重要な経営課題になりました。人口減少による全体の採用分母の問題もありますが、それだけではありません。

スマートフォンの普及により、求職者の情報収集・情報選別力は飛躍的に向上し、時代の変化により「仕事に対して、多様な価値観を持つ人材」が現れました。

「求職者の動き」に大きな変化が起きているのです。

もくじ

求職者の動きの変化

変化(1) 求職者の情報収集・情報選別力の飛躍的な進化

変化(2)「仕事に対して、多様な価値観を持つ人材」が増加

一昔前であれば、求人広告に掲載しておけば、ある程度の採用数を確保出来ていましたが、今はどこの企業も苦戦しています。求人媒体に掲載しても反応が鈍くなってきています。

その理由は、求人広告に掲載している企業情報だけでは学生・求職者は「企業の働く上での良さ」を判断しきれないからです。

企業はこのような「求職者の動きの変化」に適応した採用活動を行わなければなりませんが、多くの企業は「求職者の動きの変化」に対し、採用手法を変えられていないのが現状です。

結果、採用応募数の減少や、求める人材のミスマッチが起こりやすくなっているのです。

採用ブランディングを取り入れ、人材採用を根本的に劇的改善しませんか?

採用ブランディングとは、人材採用においてあなたの会社を「ブランド化」する手法の事です。分かりやすく言うと、あなたの会社にたくさんの「ファン」を作る事。

数多くいる求職者に対し「この会社で働きたい」と思ってもらうためには、企業の理念やビジョン、社風や入社するメリットなどを企業側が積極的に情報発信し「この会社は魅力的だなぁ」というブランドを築いていく事が大事になってきます。

「求める人材を獲得すること」が採用ブランディングの最大の目的

「この会社で働きたい」と思ってもらうためには「求める人材像」を明確化し、あなたの会社の「働く上での魅力」を認識・発信し「採用上、競合する企業分析」といったマーケティングの観点を持ち、採用戦略を構築していく事が必要です。

 現在の「求人媒体に依存した採用戦略」ではもう限界です。

旧態依然の採用戦略を根本的に見直し、求職者に選ばれる為の「採用ブランディング」を構築・強化していく事が、これからの時代にあった「採用手法」になっていくでしょう。

マーケティングの観点から採用戦略を設計していく
「採用ブランディング」の構築

採用ブランディングを構築し「最適なアプローチ」の組み合わせで、
求職者との間に「共感」を生み、採用強化を促進・成功に導きます。

 

「求職者が求めている価値と
企業が提供できる価値と一致すれば採用は成功する」

「オウンドメディアリクルーティング」が時代の主流

成功事例

「新卒世代に向けた求人情報を発信したい」
ホームページ運営方針に「新卒採用」に完全シフトチェンジ。

重富 雅晴氏

山口重工業株式会社 取締役 山口 和也様

新卒・中途採用の応募者が激増。

0 → 14名!!

学生の視点を取り入れた採用戦略で狙い通りの新卒雇用。
選ぶより選ばれる採用ブランディングはこれからも続く。

採用サイト

採用動画

採用パンフ

採用ブランディング強化

ヒアリング・企画案

採用コンサルティング

採用サイト

採用動画

パンフレット
合説ツール

Web広告

入社後の定着率アップ・即戦力育成の人材教育

人材育成の社員研修

これからの時代にあった「新しい採用手法」を取り入れ、

人材採用を成功へと導きましょう!