CMS(コンテンツマネジメントシステム、CMSを利用した自社で更新するための仕組みの提供)

CMS(しーえむえす)はインターネット閲覧ソフトであるブラウザから更新ができる仕組みです。
ブラウザから更新を行うということは、自社による更新を行う事でWebサイトの運用を低価格かつスピーディーに実行することが可能です。

簡単に更新できるので更新可能な担当者が増える

ブラウザで編集可能なため、画像のアップロードや文章の作成、反映・公開・修正といったWebサイトを運用する上で大切な一連の行動をブラウザで行う事ができます。

日々の業務に加え、一人でWebサイトを担当するのは大変です。
更新が習慣化されず期間があきがちになると、作成したWebサイトは更新されずに放置され、活かしきれていない状況がに陥ってしまいます。

CMSによる更新はパソコンがあれば可能なため、社内で数名のチームをつくり当番制にしてWebサイトを運営していくことで、役割を分担し無理なくWebサイトを発展させる事が可能です。

引き継ぎや共有がスムーズに

ホームページ担当者がやめてしまってだれに何を聞いたらいいのかわからなくなった。というお問い合わせをいただきます。
CMSによる更新環境は、Webサイトの担当者の変更や、突発的に掲載したいコンテンツを担当者以外で行う事が可能となります。

イベント情報やブログといった更新頻度の高い内容を、制作会社に任せるのではなく自社で更新する事でスピード感のあるサイト運営が可能です。