全国対応
アイコン:電話092-791-2108
アイコン:メール
アイコン:電話
メニュー

地域で頑張っている会社のためのGoogle Analytics 終了後の対応方法

 
Writter:山田 修史
2022.07.04
Gogoleアナリティクス

2023年7月から大きく変わるウェブ解析のお話です。

ウェブ解析界隈では大きなニュースになっています。

現行のGoogle Analyticsが2023年7月1日に終了します。

昨年比の解析データをとるために2022年6月中に新しい解析ツールを導入しておかないといけません。

地域で頑張っている小さな会社や個人店の方であればまだ知らない、聞いてはいるけどどうしたらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

Google Analyticsは過去に何度かバージョンアップがあり、現行のユニバーサル アナリティクスとして使われています。

現行のGoogle Analyticsのことをユニバーサル アナリティクス、次世代のGoogle AnalyticsのことをGoogle Analytics4略してGA4と呼んでいます。

今回はホームページの成績表でもあるGoogle Analytics (ユニバーサル アナリティクス)からGoogle Analytics4(GA4)への移行のお話。

Google Analytics (ユニバーサル アナリティクス)はいつまで?

2023 年7月1日までは、引き続きユニバーサル アナリティクス プロパティで新しいデータを使用および収集できます。

2023 年 7 月 1 日以降は、この日よりも前にユニバーサル アナリティクス プロパティで処理されたデータに、少なくとも 6 か月間アクセスできます。Google は、お客様のデータが重要であることを認識しております。この機会に過去のレポートをエクスポートすることを強くおすすめします。

Googleのアナリティクスヘルプ

来年の7月1日までは使用できますが、それ以降はデータを収集できません。

過去のデータも2023年12月までしか閲覧できません。

必要であれば大事なデータをPDFやエクセル、スプレッドシートなどに取得しておきましょう。

代替えになる解析ツールは??

今後のアクセス数などを確認したい場合は3つの選択肢になります。

  • そもそも解析をやめる
  • 代替えの解析ツールに移行をする
  • Google Analytics4に移行

解析をやめる

乱暴な意見だとはおもいますが、Twitterなどでも見受けられる意見ですね。

普段解析データを見ていないのであればなくても影響はないです。

ただ将来的に解析をしたい、外部の業者に改善や解析の依頼をしたいのであれば、なにかしらのツールの導入を検討しておきましょう。

代替えの解析ツールに移行をする

無料で使いやすい解析ツールが過去にはたくさんありましたが、Googleが他社製品をほぼ駆逐してしまっているので選択肢があまりありません。

ショッピングセンターが近隣の個人商店を廃業に追い込んで、ショッピングセンターが閉店したら、近隣にショッピングができる場所がなくなっていたというお話に似ていますね。

アクセス数(セッション数)やユーザー数位しか見ていないのであれば、簡易の解析ツールでもよいでしょう。

WordPressを利用されているのであれば解析プラグインQAアナリティクスなどを導入する。

または一部無料で使えるツールを導入するかです。

ユーザー分析ツールのJuicerなどは管理画面のビジュアルもきれいで見やすいです。

簡易なA/Bテストやポップアップツールとしても利用ができます。

いずれにしろ企業が提供しているツールですので無料の期間変更や、メンテナンスが続くのかなどの不安はあります。

通販サイトなどは代替になるものが使えない場合もあります。

よりしっくりくるツールを探す手間もかかります。

代替ツールとなりますので、いままでと同じ数字が見られないのでツールに合わせて数字を見ていく必要があります。

Google Analytics4に移行

広告をがっつりやっていない、知りたい数値レポートと取るために複雑なことをやっていない会社は後継のGoogle Analytics4に移行する事が、多いのではと思っています。

Google Analytics (ユニバーサル アナリティクス)の管理画面にログインすると移行を促すメッセージが表示されていると思います。

メールにもお知らせが届き始めています。

弊社でも管理をしているホームページは順次Google Analytics4の導入をして、現状のユニバーサルアナリティクスと平行して使用していきます。

Google Analytics4の特徴

後継なので今までのものと同じようなものと思われるかもしれませんが、同じ犬でもチワワとドーベルマンが違うようにGoogle Analytics (ユニバーサル アナリティクス)とGoogle Analytics4は全く別の解析ツールです。

並行して使用していると数値がずれていることもあります。

Google Analytics4はアプリなどの計測用に開発され、ホームページと横断して計測できるようになっています。

そのため計測方法が従来と変わっています。

SNSなどの解析で使われるエンゲージメントなどの用語が登場しています。

全ての計測がイベントという単位で行われるため、高度な設定や解析をするのであればイベント名の理解も必要です。

GA4になって追加されたscrollというイベント名は、対象となるページを90%スクロールして見てくれたというイベントとして計測されます。

このscrollイベントでページをどれだけ見てくれたかなどが設定をしなくてもわかるようになりました。

ユーザーの行動をデータとして取得しているのも特徴です。

このデータを広告などにも利用ができます。

新しくできることが増えた代わりにGoogle Analytics (ユニバーサル アナリティクス)で表示されていた項目が、Google Analytics4では表示されていないこともあります。

例えばランディングページの項目がなく、表示したい場合はsession_startのイベントを使った設定をしないといけません。

Google Analytics4に移行するには?

ホームページを制作した会社に依頼をするか、設定ができる人や会社、ご自身での設定になります。

参照:Google アナリティクス 4 に切り替える

通販サイトなどは利用しているカートが対応をしているかどうかを確認しましょう。

電話やLINEのタップ数などを取得したい場合は、Googleタグマネージャー経由の設定がおススメなので未導入ならば導入をしておきましょう。

まとめ

セッション数、よく見られているページなど基本的な項目の確認や分析などであれば代替ツールなどもありますが、

GA4に移行して最低限の設定をすればよいと思います。

ただし名前にGoogle Analytics とはいってますが別のツールというのを前提に使い方を覚えていくしかありません。

Google Analytics4は小さな会社だとオーバースペックな印象ですが、それでも最低限設定していた方がいい設定というのがありますので、ただ導入するだけではなく導入時に設定まですませておきましょう。

会社によっては必要ない項目もありますが、最低限設定しておきたい項目です。

  • Google シグナルのデータ収集
  • ユーザーデータ収集の確認
  • ユーザーデータとイベントデータの保持
  • Merchant Center のリンク
  • Google 広告のリンク
  • Search Console のリンク
  • コンバージョンポイントのイベントの作成
  • コンバージョンとしてマークを付ける

計測できる数値などが変わってきますが、現状使用の範囲であれば大きく影響はないのかなと思われます。

ホームページを改善した後に、改善前と後の数値の確認ができるように移行をしておきましょう。

自分では難しいな?と思ったらまずはご相談ください。

Google Analytics4はアップデートがある発展途上のツールです。

Google Analytics4の無料のウェブセミナーなども最近はよくでてきていますのでGoogle Analytics4の見方を知るためにも参加してみてはいかがでしょうか?

のご相談もお待ちしています。



書いた人:山田修史

山田修史
活動地域福岡県福岡市
社名・屋号株式会社 リクト
ホームページhttps://www.lct.jp/
Twitterhttps://twitter.com/lct_syushi
Facebookhttps://www.facebook.com/yamadasyushi
ブログhttps://a4kikaku.com/blog/?user=47
Amazon著者情報https://www.amazon.co.jp/%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E4%BF%AE%E5%8F%B2/e/B07PX9YXSD

ホームページに関することなら
お気軽にご相談ください

ホームページ制作を成功させる
「12のチェックリスト」
ホームページ運用を成功させる
「27の改善ポイント」
無料配布中

メールでご相談

ホームページに関するご相談を
メールフォームから送信いただけます

お電話でご相談

アイコン:電話092-791-2108
電話受付 10:00〜19:00 定休日 土日祝

お電話でもお気軽にご連絡ください