全国対応
アイコン:電話092-791-2108
アイコン:メール
アイコン:電話
メニュー

最新おすすめホームページ制作|誰でも簡単に始められるツールとは?

 
Writter:LCT 編集部
2022.07.08
おすすめのホームページ制作

インターネットが普及し、今は誰でも簡単にホームページを開設できる時代。ホームページがますますビジネスにおいて必要になってきます。

ホームページ作成ツールも「無料」で作れるものから「有料」のものまで様々です。

とはいえ、今はあまりに多くのツールがありすぎてどれを選んだらいいのか迷いますよね。

この記事では、どのツールを使うか悩んでいる方にピッタリな、ホームページ作成ツールが見つかるよう、無料と有料ツールの紹介をします。

またホームページ作成方法、独自ドメイン、SEO対策にも少し触れていきたいと思います。

これを機にホームページ作成に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ホームページ作成ツールで悩んでいる方は必見の内容となっています。

ホームページ制作ツールの選び方

ホームページ作成方法について

以前はできるだけ安くホームページを作成したければ、自分で「HTML」や「CSS」などの知識がないとホームページを作ることができませんでした。

しかし今はHTMLの知識がなくてもホームページを作ることができます。それが、ホームページ制作のツールです。

ツール利用することで簡単に設定ができ、誰もがホームページを作れるようになりました。ではどのようにして選べばいいのでしょうか。

ここで選び方のポイントをお伝えしたいと思います。

独自ドメインを使用できるかどうか

大きなポイントとして「独自ドメイン」が使えるかどうかは気をつけてください。

独自ドメインとは、自分で好きな文字列を使って設定したURLになります。独自に選べるという事は、要するに自分がどのような名前にするかを決めることができるということです。

もし、独自ドメインを使わなければ適当に割り振られたドメインになるので、わかりにくいURLになってしまいます。

そのため、独自ドメインが使えるかどうかが大事なこととなるのです。

できるだけ独自ドメインを活用できるツールを選びましょう。

SEO対策をしているのか

次に、SEO対策をしているかという点もホームページ作成ツールを選ぶときの大きなポイントとなります。

SEO対策をしていないと、せっかく作ったホームページにも人が集まらないサイトになってしまう可能性があります。SEO対策には様々な対策があり、タイトルやキーワード選定、画像の最適化など多岐にわたって必要となるのです。

しかし、このSEOをしっかり理解して作業をするのは大変なことです。そのため、SEO知識がないならば既にSEO対策がなされているホームページ作成ツールを選ぶのがいいと思います。

このように、

  • 独自ドメインを使えるか
  • SEO対策をしているのか

上記の2点に気をつけて探してみてください。

ホームページ制作ツールは有料か無料かどちらがいい?

有料と無料の比較

ホームページ作成ツールは2種類にわかれます。

それが、「有料」なのか「無料」なのかという点です。では「有料」「無料」のツールについてご説明します。

有料ツール

有料ツールはビジネスや本格的にホームページ作成をしたい人に向いています。無料ではできない機能が多く利用できることがメリットです。

無料でできるツールもありますが、有料であればサーバー容量の拡大ができたり、独自ドメインを使えたりします。

今後、ビジネスでホームページを大きくしていきたいなど決まっているのであれば、有料ツールをおすすめします。

無料ツール

無料ツールは初めて個人でホームページを作る人に向いています。まずは無料ツールで始めてみて、ツールでの制作に慣れた方が良いでしょう。

無料ツールとは言っても、ツールは様々あり機能が高いものも結構あります。そのため、どの無料ツールを使うのかは自分でしっかりと検索をし、理解をしてから利用するのが良いでしょう。

無料ですのでホームページのURLや内容の変更が気にならない方は、一度何かのツールを利用し、気に入らないなと思ったときに他の無料ツールを使うことも可能です。

無料のおすすめホームページ制作ツール13選

無料のホームページ制作ツール

まずは無料でできるおすすめホームページ制作ツールをご紹介します。ツールによって特徴も様々ですので、自分に合ったものを探してみましょう。

WordPress(ワードプレス)

WordPress
出典:https://ja.wordpress.org/download/

登録すると簡単にブログ作成ができるホームページ制作ツールです。

WordPressを使うとわかりますが、直感的に制作をすることができ、一つ一つの作業がわかりやすいため使いやすいです。

簡単なホームページ作成はもちろん本格的なホームページ作成もできるので、どなたにもおすすめできます。また、登録されたデザインを決めるテンプレートが10,000個以上あり、無料で使うことができます。

もちろん、有料のデザイン(テーマ)を購入して使うことも可能です。

今後のことを考えたときに、本格的にも使えるツールとなるため一度利用してみてもいいかと思います。

ペライチ

ペライチ
出典:https://peraichi.com/

ペライチは日本企業サービスのため、日本語でのサポートが充実していて安心です。

初心者でもホームページ作成が簡単にできるため、ホームページ作成ツールの定番の一つです。SEO対策もしっかりできています。

そして最も特徴的な点は、すぐに1ページのペラサイトが作成できる点です。

操作も簡単。また、基本的には1〜10ページ構成でホームページを作ることもできるので、まずはツールでの制作を試してみたい人におすすめのホームページ制作ツールとなります。

Ameba Ownd(アメーバオウンド)

Ameba Ownd
出典:https://www.amebaownd.com/

名前の通り、Amebaのホームページ作成ツールになります。

最も特徴的なのは無料なのに独自ドメインを使うことが可能なこと。

無料ツールだと独自ドメインを使うことができないツールが多い中、Ameba Owndは独自ドメインが使えるというメリットがあります。

またデザインも豊富でおしゃれなデザインが100種類以上あるため、好きなデザインを選びスタイリッシュなサイトを作ることが可能です。

嬉しい機能としてはスマートフォンからも投稿や編集が可能な点でしょう。またGoogle Analyticsというアクセス解析も無料で使えることもあり、本格的にネットショップとしての利用も可能となりました。

これからホームページ作成を行う人にとって十分な機能がついているといえるでしょう。

おしゃれで素敵なホームページを今から作る方にとって、特にスマートフォンからの作業をすることが多くなりそうな方にはぴったりなツールだと思います。

Jimdo(ジンドゥー)

Jimdo(ジンドゥー)
出典:https://www.jimdo.com/jp/

Jimdoには他のホームページ作成ツールとは大きく違う点があります。

それが、「ジンドゥーAIビルダー」という機能です。これは、質問に答えていくことでホームページができるという機能になります。

またスマートフォンから作業することもできます。

「初心者だけれど、ホームページ作成をしてみたい。」そんな方におすすめのホームページ作成ツールです。

Wix(ウィックス)

Wix
出典:https://ja.wix.com/

Wixは世界で1億6000万人以上が利用している人気のツールです。操作もドロップ&ドラッグ操作で簡単にホームページを作ることができるため、専門知識であるHTMLやCSSが分からなくても問題なくホームページ作成ができます。

またアプリケーションを追加することでホームページに様々な機能を追加していくことが可能です。スマートフォンから編集したい場合は「Wix モバイルアプリ」を入れることで操作することができます。

ただ、カスタマイズ性が強いため、初心者の方は少し使うのが難しく感じる可能性があります。

そのため、中級者から上級者の方が使うのに適しているかもしれません。

BiNDup(バインド・アップ)

BiNDup
出典:https://bindup.jp/

BiNDupはクラウド型であるため、システムや装備する機能のアップデートはBiNDupが行ってくれます。そのためプラグインなどのアップデートをする必要がないのが特徴の一つです。

デザインも高品質のものであり、テンプレートを変更すると配色も同時に変更することができ、初心者には大変使いやすいツールと言えます。文字もフォントが541書体もあるので、その都度合ったものを選ぶことができるのも嬉しい機能ではないでしょうか。

モバイルサイト作成が簡単にできる点も、利用するメリットの一つと言えるでしょう。

Weebly(ウィーブリー)

Weebly
出典:https://www.weebly.com/jp

Weeblyはアメリカで誕生したホームページ制作ツールです。HTMLやCSSなどの知識がなくてもホームページを作成することができます。

また、デザイン性が高いことからおしゃれなサイトができるということで、とても人気の高いホームページ作成ツールとなっています。

無料でありつつSEOの基本的な対策ができるのも大きな特徴の一つでしょう。

ただ、アメリカ発ということでマニュアル、サポート全てが英語のみとなっているため、英語が苦手な方には難しいツールとなっています。

Google Sites(グーグルサイト)

Google Sites
出典:https://workspace.google.co.jp/intl/ja/products/sites/

Google SitesはGoogleが提供しているホームページ制作ツールとなります。

Googleアカウントを持っていると無料で使えることができ、またドラック&ドロップでサイトを簡単に制作する事ができます。

Googleサービスとの連携が可能なため、共同編集ができるのが大きな特徴です。

逆に「Google Workspace」を使うことで閲覧制限をかけることも可能です。ただ「Google Workspace」は月額料金がかかりますが、情報を守るためには必要経費かもしれません。

Strikingly(ストライキングリー)

Strikingly
出典:https://jp.strikingly.com/

アメリカ発のホームページ作成ツールです。おしゃれなテンプレートが多くあるため、おしゃれでクオリティの高いホームページ作成ができます。

また、一番の特徴として挙げられるのが「1ページ完結」という、シングルページが中心であることでしょう。

シングルページは伝えたいことを一連の流れで書くことができます。そのため、スマートフォンで読むのに縦長1ページでみることができ、かなり読みやすいホームページを作ることができます。

また、ヘッダー部分に動画を埋め込む事ができるため、他のサイトとの差別化ができるでしょう。

無期限の無料プランがあるため、一度試してみたい方におすすめです。

STUDIO(スタジオ)

STUDIO
出典:https://studio.design/ja

STUDIOは、株式会社STUDIOが提供するHP作成ツールになります。

一番の特徴は完全オリジナルのデザインを作ることができる点です。多くの他のツールにはフォーマットがあり、それにのっとってデザインを選んでいきます。

しかしSTUDIOはオリジナルデザインを使えるので、他のサイトとの差別化ができるでしょう。無料利用でも勝手にホームページに掲載されてしまう広告がないため、自分で作ったデザインを邪魔することがありません。

ただ一点、STUDIOはボックスやタイトルタグなどはHTMLの知識が少し必要になってくるため、基礎的なHTMLの知識がないと使うのは困難になります。

操作方法が細かく解説をしているのをみて、自分にあっているかどうかを考えてみて使うといいのではないでしょうか。

STORES(ストアーズ)

STORES
出典:https://stores.jp/

STORESは初めて利用する人でも簡単で使いやすい無料プランがあります。無料プランは初期費用、月額費用が無料になります。

無料プランでも十分満足できる機能があり、デザインテンプレートは48種類。人気アプリの「WEAR」と連携することが可能なため、CV率を知ることができます。

そのため、無料でどのような機能が使えるか、どのぐらい使いやすいかを試してみるのがいいのではないかと思います。

Crayon(クレヨン)

Crayon
出典:https://crayon.e-shops.jp/

Crayonは株式会社ハンズが提供している無料ホームページ作成ツールです。

スマートフォンからホームページ作成ができるため、スマートフォンで撮影した写真をそのままホームページに公開できるのが特徴です。

スマートフォンに慣れている方にとっては嬉しい機能ではないでしょうか。もちろん、HTMLやCSSの専門的な知識がなくても問題ないので、初心者の方でも簡単にホームページを作ることができます。

しかしCrayonは、先ほどご紹介したようにスマートフォンからホームページを作ることができますが、パソコンからホームページを作ることに不向きです。

スマートフォンで作成を完結させたい人におすすめのツールとなります。

有料のおすすめのホームページ制作ツール9選

Crayon

ここからは有料でおすすめできるホームページ作成ツールをご紹介します。自分にあっているツールがあるかどうか、探してみましょう。

MovableType(ムーバブルタイプ)

MovableType
出典:https://www.sixapart.jp/movabletype/

MovableTypeはアメリカ企業が開発した有料のホームページ作成ツールです。テンプレートの編集やプレビュー、記事の更新などが簡単に行えます。

テーマを利用してサイトを簡単に立ち上げることができますが、HTMLの知識を活かして自分で細かいデザインを作ることも可能です。

またサーバーの準備や管理は不要となります。

アップデートやセキュリティ対策などは全てサービス側がおこなってくれるため、メンテナンスコストを大幅に下げることが可能なのは嬉しい特徴です。

もちろん、何か問題があればすぐに対応してくれる「テクニカルサポートスタッフ」がいるため、メールフォームでの質問が可能です。問題が起きてもサポートしてもらえるツールですので、安心して使えるツールだと思います。

PAGEKit(ページキット)

PAGEKit
出典:https://www.p-kit.com/

PAGEKitはホームページやブログ作成が簡単にできるツールです。有料となっていますが、安心の30日間無料お試しができるので、まず無料で試してみてからPAGEKitを本格的に使うかどうかを決めることができます。

テンプレートは200種類以上。独自ドメインの設定ももちろん可能です。

お試し中は独自ドメインではなく、PAGEKitが用意している共有のサブドメインを借りてできるのですぐにドメインを購入する必要はありません。

PAGEKitは特に年間契約がかなり安く利用できるのでおすすめです。

アクセス解析はPAGEKit独自のアクセス解析ツールを活用することができます。そして、もちろんSEO対策の設定が可能です

ただ、管理画面が少し使いにくいという点が気になるところです。

デザインもテンプレートが2000種類以上ありますが、シンプルで似たようなものが多いため、その辺を確認することも考えて無料期間中、様々な機能を試してみてください。

また基本的にドメインは年間契約となりますので、1年単位で考えてPAGEKitを使いましょう。

RCMS(アールシーエムエス)

RCMS
出典:https://www.r-cms.jp/

RCMSは株式会社ディバータが運営しているツールです。

手軽につかえるため3000社以上で導入されている、人気のツールとなっています。

標準機能が250以上あり、様々なサイト作成が可能になります。

またセキュリティが高度であり、セキュリティチェックも相談することで対応してもらえるという嬉しいサービスを行っています。

有料ツールとなっていますが、無料版も用意しているため、それを使って目的に合うかどうかを調べてみましょう。まずは無料で試せるのが嬉しいポイントです。

RCMSは新しく「Kuroco」というサービスへと進化したので、新しいサービスをご利用する場合は「Kuroco」を活用してみましょう。

ホームページ・ビルダー

ホームページ・ビルダー
出典:https://www.justsystems.com/jp/products/hpb/

ホームページビルダーは豊富なテンプレートがあり、簡単に誰でもホームページが作成できるツールとなっています。

パソコンだけでなくスマートフォン対応のサイトを作りたい方にとって、自動的に適合できるようになっているため簡単にサイトを作ることが可能です。

ホームページビルダーの特徴の一つであるのが豊富なテンプレートは業種別に51種類あり、さらにそこから最大80種類のテンプレートがあります。

簡単に計算すると考えても4000種類ものホームページを作ることができるのです。

テンプレートだけでなく、機能も充実しています。

文字や写真を加工することも可能ですし、地図を載せることも可能です。

またアクセス解析ツールの「Googleアナリティクス」を利用することもできるため、自分のサイトのどこに人が集まっているかなどを知ることが簡単にできます。

簡単にホームページを作ることができ、かなり多くのテンプレートから自分独自のサイトを作ることができるでしょう。

こだわりをもちつつ、手軽で簡単にホームページを作りたい方におすすめのツールです。

Adobe Dreamweaver(アドビ ドリームウィーバー)

Adobe Dreamweaver
出典:https://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver.html

Adobe Dreamweaverはホームページ制作を有料で作るツールです。

一番の特徴は、OSがWindowsでもMacでも使えることです。

様々な機能があるなかで特徴なのは機能の豊富さと使い方のわかりやすさでしょう。

操作も基本的にどのOSを使ってもホームページ作成は、ほぼ同じとなります。

OSにより使えるツールが変わってくるものが多いと思いますが、Adobe Dreamweaverは問題なし。慣れたOSで使えるのが嬉しいですね。

定期的に新しい機能が追加されるため、アップデートをするごとに最新の機能を使えます。

機能がかなり豊富であるため、使いこなせるのかどうかを心配する方もいるでしょう。

しかし裏を返せばプロ向けの高度な機能が多くあるため、自分独自のオリジナリティを出すことができ、他の方と同じものでない差別化をはかることができるツールとなります。

Adobe Dreamweaverにも無料体験版があります。

7日間使用期間制限がありますので、試したい方は時間のある一週間をねらって登録し、利用してみてください。

a-blog CMS(エーブログ シーエムエス)

a-blog CMS
出典:https://www.a-blogcms.jp/

a-blog CMSは有限会社アップルップルが開発した日本発のツールです。

細かい拡張機能が標準で作れるのが特徴です。コンテンツもユニットというブロック分け編集や作成がつくれるため簡単にサイトを作ることができます。

HTMLに慣れていなくても問題ありません。

またセキュリティもしっかりしていることや、何か分からないときに日本語によるサポートを受けられることも安心材料ではないでしょうか。1つずつのコンテンツも初心者でも簡単に使いこなせて、デザインも統一されています。

安心してホームページを作ることができるツールと言えるでしょう。

はてなブログMedia

はてなブログMedia
出典:https://www.hatena.ne.jp/contentmarketing/hatena-blogmedia

株式会社はてなが提供するオウンドメディア構築用サービスです。マニュアルがなくても作業がしやすいツールであり、制作に集中することができます。

選べるデザインテンプレートも用意されています。

一番の特徴は料金です。

多くのツールは一律で料金が決まっていますが、はてなブログMediaは1件ずつヒアリングをし、そこで初めて導入プラン提示となります。

本格的にオウンドメディア運用をしたい企業にとってかなりおすすめのツールです。

Ferret One(フェレットワン)

Ferret One
出典:https://ferret-one.com/

HTMLやCSSの知識がなくても簡単に誰でもホームページを作成できるツールです。

また他にも、メール配信やステップメール、問い合わせや申し込み管理、アクセス解析やSEO順位チェックなども簡単に使うことが可能です。

また、使っている状況に合った具体的なサポートを受けることができます。

一緒に伴奏しているかのようにサポート体制があるしっかりしたツールなのでおすすめです!

Goope(グーぺ)

Goope
出典:https://goope.jp/

初心者でも簡単にホームページを作成できるツールです。

ネット上でログインをしてホームページ制作できることや、ブログ感覚で利用できることが特徴です。

Goopeの特徴は使い方がカンタンであり、スライドショーやカレンダー、そして所在地情報なども簡単に設定できるツールです。中小企業や店舗が必要な機能もあるため、中小企業や店舗が多く利用しています。

スマートフォンに対応しているため、CSSなどの専門知識がなくても気にせずスマートフォンサイトも制作することが可能です。

しかし独自ドメインやSLL(安全な通信の証明)契約をするには、下記に注意する必要があります。

  • 他のツールより高くなること
  • 無料版がないこと
  • SEOカスタマイズができない
  • 目新しい機能も追加されていない

このことから少し利用しにくいというデメリットがあります。

ただ、会社やお店のホームページ作成にはSEOに弱くても問題ないのであれば使いやすいツールになります。

まとめ

ここまで最新でホームページ制作のおすすめツールを無料と有料に分けてご紹介してきました。

ツールにより、その特徴だけ見てもかなり違いがありました。また、有料ツールでも無料で試すことができるツールが多いのも嬉しいですね。

このように、誰でもホームページを作ることが可能になりました。まずは使って試し、模索しながら自分にもっとも合うツールを探していただければなと思います。

この記事がホームページ作成ツールの中から選ぶ一つの目安になれば幸いです。

ホームページに関することなら
お気軽にご相談ください

ホームページ制作を成功させる
「12のチェックリスト」
ホームページ運用を成功させる
「27の改善ポイント」
無料配布中

メールでご相談

ホームページに関するご相談を
メールフォームから送信いただけます

お電話でご相談

アイコン:電話092-791-2108
電話受付 10:00〜19:00 定休日 土日祝

お電話でもお気軽にご連絡ください