全国対応
アイコン:電話092-791-2108
電話受付 10:00〜19:00 定休日 土日祝
メニュー

ペライチの集客方法は?作ったのにアクセスがない人向け

  2019.08.09

山田修史です。

2019年7月19日に鹿児島市でアクセスアップ勉強会に登壇してきました。

アクセスアップ勉強会は

販促コンサルタント 岡本達彦先生が登壇された

マンダラ広告作成法®×ペライチ×「 A4 」1枚アンケート®
3大簡単業績アップツールモニター講座

のフォローアップ講座です。

その内容をまとめました。

ペライチはSEOにも強く優秀なツールですが、ペライチでLPを作ったけどアクセスがすくない・・・問い合わせがないという方も、少なからずいるのではないでしょうか?

下記のようなキーワードの基礎知識を知って成果をあげるペライチに変身させませんか?

  • 狙うのは、ミドルまたはスモールキーワードでトランザクションクエリ。
  • 共起語で検索順位をあげる。

対象:

  • ペライチで作ったページがうまくいっていない
  • ご自身でなんとかしようと思っている方
  • デジタルマーケティングがよくわからない方

専門用語はでてきますが、なるべくかみ砕いてご説明したいと思います。

ペライチはSEOに強いのか?

結論からいうと、現時点ではSEOに強いツールです。

*2019年7月23日

強いツールという表現をしました。

ツールは使う人の力量次第で効果が変わるからです。

またSEOは、ライバルのホームページやランディングページ(LP)と比較されて順位づけされます。

当然、ライバルとなる運営者がツールの上手な使い方をしって、比較されたときによければライバルのページが検索結果の上位にきます。

ペライチでやみくもに作るのではなく、使い方を知ってライバルに勝てる内容でつくれば訪問数もアップできるはず。

ペライチの集客方法

ペライチは制作ツールなので集客方法はホームページやランディングページと一緒です。

ホームページの売り上げをあげる数式は以下です。

訪問数×お問い合わせ率(購入率)×客単価

3つの要素の掛け算です。

訪問数、お問い合わせ率(購入率)、客単価が増えれば売り上げも増えます。

改善をするときはどの数字をあげるのか?を検討して施策を考え実行していきます。

今回は訪問数をあげる方法の集客についてのヒントです。

訪問数をあげる集客方法の種類は?

  • インターネット広告
  • 自然検索(SEO)
  • 他サイトからの流入
  • SNS(FacebookやTwitterなど)
  • メールマガジン
  • メディア(テレビや雑誌など)
  • 紹介(友人や知人)
  • 印刷物(チラシやフライヤーなど)
  • 看板
  • その他のネットに誘導できる媒体

主に上記の方法ではないでしょうか?

デジタル以外にもアナログで集客するのも忘れてはいけません。

インターネットで集客したい。

でもSNSはめんどくさいのであまり使わずにというのであれば

  • インターネット広告
  • 自然検索(SEO)

どちらもキーワードを意識するのが大事。

単にキーワードといっても種類や特徴があるのは知っていますか?

うまくいっていない方は、まずはキーワードについて深く知りましょう。

キーワードを知ろう

検索されるキーワードには、検索する人の意図があります。

その意図の答えが検索結果に出てきます。

たとえば

水引結び方

このキーワードで検索すると

検索結果で動画や画像が上にでてきます。

検索エンジンが「自分で水引を結びたい」という意図ではないかと推測して結び方がわかる検索結果を表示しています。

福岡市の天気と検索すると

日本気象協会よりも上に答えを返してきます。

キーワードには意図がある

検索エンジンは調べているキーワードにある意図を読み取ってなるべく正解に近い答えを表示します。

キーワードは大きく3つの意図に分けられる。

  • ナビゲーショナルクエリ(案内型クエリ)
  • トランザクションクエリ(取引型クエリ)
  • インフォメーショナルクエリ(情報型クエリ)

クエリは検索クエリを意味します。

検索クエリとは、検索する人が入力した言葉やフレーズです。

キーワードとは違う意味でつかいますが、ウェブマーケティング領域以外の人はキーワードと言っている人も多いです。

ナビゲーショナルクエリ(案内型クエリ)

サイト名やブランド名などお客様がよく知っているキーワードです。

サイト名や会社名や施設名など。

サイトや商品を指名して訪問しますので目的をもっているお客様が多い。

自社の社名や商品やサービス名を知ってもらえると多く検索されるようになると増えてきます。

例:「ヤフー」「東京ドーム」

トランザクションクエリ(取引型クエリ)

インフォメーショナルクエリ(情報型クエリ)
商品を探して購入する、サービスを申し込むといった、購入や申込を目的としたキーワードです。

インターネットの広告や上位表示を狙いたいキーワードです。取引を目的としたキーワードを想像して狙っていきましょう。

例:「めんたいこ 通販」「マッサージ 予約」

インフォメーショナルクエリ(情報型クエリ)

何か知りたいとき、情報を調べるときに入力されるキーワード。

情報だけしりたい人が多いので訪問数は多くなるが、情報を取得すると問題が解決されるので購入や申し込みにつながりにくい。

例:「日本一の高さが低い山」「姫路城 築何年」

トランザクションクエリを狙う

検索クエリにはトランザクションクエリとインフォメーショナルクエリの両方の意図があったりと、複数の意図がある場合もあります。

購入や申込に近いキーワードを想定してペライチの内容を考えましょう!

キーワードには種類がある

さらに検索回数の多さで3つの種類があります。

  • ビッグキーワード
  • ミドルキーワード
  • スモールキーワード

ビックキーワード

  • 検索回数が多い 
  • 1万回以上検索される
  • 1語のキーワードが多い

検索回数が多く、沢山の訪問者が見込めるためライバルも多く上位表示の難易度が高いのが特徴です。

ミドルキーワード

  • 検索回数はそこそこある
  • 1千回~1万回くらい検索される
  • 2語や3語のキーワードが多い

検索回数がそこそこあり、がんばれば上位表示できるキーワードで訪問数を獲得できます。

スモールキーワード

  • 検索回数が少ない
  • 1千回以下
  • 3語や4語のキーワードが多い

検索回数が少なく上位表示されやすいが訪問数はすくない。しかし多くのスモールキーワードで上位表示ができれば多くの訪問数を獲得できます。

ミドルまたは、スモールキーワードを狙う。

ペライチがSEOに強くても人気のビッグキーワードはライバルも狙っています。

比較的狙いやすいミドルキーワード、またはスモールキーワードを狙いましょう。

上位表示ができるとある程度の訪問数が見込めます。


キーワードには検索ボリュームがある

検索回数が多いキーワードやほとんど検索されないキーワードがあります。

キーワードの月間平均検索回数があるのでそのボリューム以上には訪問しません。

検索順位でクリックされる率がかわりますので検索ボリュームすべてが訪問するわけではありません。

月間平均検索回数はキーワードプランナーなどで調べられます。

今回は割愛。

興味のある方は

「キーワードプランナー」または「キーワードプランナー 使い方」などで検索されてみてください。

検索順位のクリック率

インターネットマーケティング会社であるNINJASの2017年のレポートからの抜粋です。

1位 :21.12%

2位 :10.65%

3位 : 7.57%

4位 : 4.66%

5位 : 3.42%

6位 : 2.56%

7位 : 2.69%

8位 : 1.74%

9位 : 1.74%

10位: 1.64%

NINJAS


1位になっても平均検索回数が1000回であれば211回しか訪問されません。

水引結び方の検索結果みたいに、必ずしもペライチのページが上に出てくるとは限りませんので調査結果よりさらに低くなっているはずです。

なるべく1ページ目にはいれるようにしましょう

上位表示のために共起語を知ろう

Googleは単語間の結びつきを見ているといわれています。

単語間の結びつきを共起語といいます。

あるキーワードが出現した時に、一緒に利用されるキーワードです。

たとえば

真ん中のところに入るキーワードはミートスパゲティです。

今狙っているキーワードが上位表示されていないのであれば共起語が足りない可能性もあります。

共起語は知るには共起語検索ツールなどがあります。

検索してみるといくつか出てきますのでそちらを参考にされてみてください。

または、弊社の無料SEO診断サービスをオススメします。

検索連動型広告を使おう

SEOだけでは集客に限界があります。

検索結果の上位には広告が出ています。

より集客するのであれば広告が効果的です。

エリアを絞る、少額からできるのでトライする価値は十分あります。

Google やYahoo!も電話でのサポートがあるのでご自身でトライできます。

弊社もそうですが、代理で広告の設定運用をしている会社もあるので委託もできます

まとめ

ペライチで作ったページに、集客して売り上げるのであれば

  • トランザクションクエリを狙う
  • ミドルまたはスモールキーワードを狙う
  • 検索ボリュームを知る
  • 共起語を追加する
  • 検索連動型広告をテストする

をやってみましょう。

忘れていけないのは検索する人の意図を知ること。

なぜその商品やサービスを必要としているのか?

検索する人の購買行動を想像する、または知るのが一番大事です。

購買行動を想像するにはマンダラ広告作成法®

購買行動を知るには「A4」1枚アンケート®

がシンプルで効果的な手法。

上記は、販促コンサルタント 岡本達彦先生が考案し多数の企業や個人が実行している再現性の高い手法です。

「A4」1枚アンケートのアドバイザーを務めている山田までご相談ください。

ホームページに関することなら
お気軽にご相談ください

中小企業のホームページ制作を
成功させる12のチェックリストと、

コンセプトワークテンプレートなどの
お役立ち情報を掲載した資料を
無料でダウンロードできます。

メールでご相談

ホームページに関するご相談を
メールフォームから送信いただけます

お電話でご相談

アイコン:電話092-791-2108
電話受付 10:00〜19:00 定休日 土日祝

お電話でもお気軽にご連絡ください