全国対応
アイコン:電話092-791-2108
アイコン:メール
アイコン:電話
メニュー

WebマーケティングにおけるSEOの重要性とは?施策のポイントも解説

 
Writter:LCT 編集部
2022.05.09
WebマーケティングにおけるSEOの重要性

インターネットを通して商品が販売されるようになった今、Webマーケティングはとても有効的な手段です。

「Webマーケティングにはどのような施策があるの?」
「WebマーケティングとSEOの関係性を知りたい」

もしかすると、Webマーケティングにあまり詳しくない方は、【Webマーケティング=SEO】という認識を持っているかもしれません。しかし実際、Webマーケティングにはいくつか手法があって、SEOはその中の一つにしか過ぎません。

とはいえSEOはWebマーケティングの中でも代表的な施策内容で、集客において欠かせない手法となります。

今回の記事では、WebマーケティングにおけるSEOの立ち位置などについてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティングとはそもそも何?

Webマーケティングとはそもそも何?

Webマーケティングとは、インターネット上で消費者を集客し、商品やサービスの購入を促すためのマーケティング手法です。

「マーケティング」自体がそもそも”売れる仕組みを作ること”なので、Webマーケティングは、全てインターネット上で完結しているマーケティング手法だといえるでしょう。

Webサイトに集客をするために様々な施策があり、検索エンジン、広告、SNSなど幅広い方法によって集客に繋げていくのです。もちろん、その後集客したユーザーの行動を分析し、コンバージョン(成約)について最適化していく必要があります。

Webマーケティングはデジタルマーケティングの一部

よく「Webマーケティング」と「デジタルマーケティング」が混同されがちですが、両者はまったくの別物です。どちらもインターネットを活用して施策を行うことが共通しているため同じように思われがちですが、扱う施策範囲が違うことが特徴です。

Webマーケティングは言葉の通り、主に”Webサイト”を中心として行われるマーケティングです。一方でデジタルマーケティングは、デジタル上のあらゆるデータを活用して行われるマーケティングのことです。

デジタルマーケティングの中にWebマーケティングがある、というイメージがわかりやすいのではないでしょうか。下記のように図で表しているので、参考にしてみてください。

マーケティング図

Webマーケティングは今後も重要な手法となる

冒頭でも述べたように、今ではインターネットを通して商品が販売される仕組みが浸透しています。消費者はオンラインショッピングなどで、簡単に商品が購入できるようになりました。

Webマーケティングを行うことで新しい見込み客の獲得につながるため、今後もさらにその重要性は増していくでしょう。経済産業省のデータによると、日本のEC市場は今後さらに伸びることが予想され、Webマーケティングの重要性が年々高まっています。

しかしそれに伴い、競争がさらに激化していくことが予想されます。いかに自社のマーケティング手法を高め、商品やサービスを「買いたい!」と思わせるかが重要となるのです。

ECサイト市場
出典:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/210730_new_kohyoshiryo.pdf

Webマーケティングの施策内容

Webマーケティングの施策内容
  • SEO対策
  • Web広告
  • SNS
  • コンバージョン
  • アクセス解析

Webマーケティングの具体的な施策内容は上記の通りです。自社商品やサービスにあった施策を行って販売までに繋げるのです。

具体的にWebマーケティングの仕事内容については、Webマーケティングの仕事内容を解説!担当者必見のキャリアについて紹介しますにてご紹介しているので、参考にしてみてください。

それでは、それぞれの施策内容について解説していきます。

SEO対策

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のことです。

SEO対策はWebマーケティングの代表的な施策として知られています。

Webマーケティングにおいて、制作したサイトの検索順位を上げることは何よりも重要なことです。そのためにSEO対策が必須となり、検索順位を上げることによってGoogleなど検索エンジンからのアクセスを増やすことに繋がるのです。

SEO対策は、広告などのように即効性のあるマーケティング手法ではありません。少し時間がかかってしまいますが、継続的な集客においてSEO対策は欠かせないのです。

Web広告

Google広告やYahoo広告、さらにSNS広告などを活用してマーケティングを行う手法があります。広告は出稿費用がかかってしまいますが、即効性があるためすぐに自社サイトへの訪問数を増やすことが可能です。

とはいえ広告出稿しておけば良いというわけではなく、SEO対策と同様に適切なキーワード選定やユーザーの行動分析、さらに広告の種類や掲載先などのバリエーションを考えていく必要があります。

広告を利用することで多くのユーザーにアプローチすることができるため、Webマーケティングにとても有効的な手法と言えるでしょう。

SNS

近年では情報収集として、検索エンジンだけでなくSNSを活用する人が増えています。検索エンジンだけでは得られなかった情報も、SNSで見つかることもあるのです。

SNSに参入している企業が増え、SNSから自社サイトへの集客や商品販売につなげる手法は多くみられます。

またSNSの活用方法は、企業による自社のPRだけではありません。自社サイトを運営しているのであれば、ソーシャルボタンを設置することにより、訪問ユーザーへ拡散を促すこともできるのです。

拡散してもらうことでSEOの面でも有利となり、集客に大きく役立つでしょう。

コンバージョン

Webマーケティングの施策として、サイトに集客したユーザーをコンバージョンさせる必要があります。

集客がうまくいったとしても、成約につながらなければ意味がないのです。例えばLPなどにうまく集客できたとしても、お問い合わせや購入に繋がらなければ売上は増加しません。

そのためLPの構成などを改善し、コンバージョン率を高める施策を行う必要があります。

もちろんLPだけではなく、ECサイトやホームページでも同じことが言えます。

Webマーケティングではコンバージョン率を高めるために、何度もテストをして効果を検証していく必要があるのです。

アクセス解析

Webマーケティングにおいて数値を重視しており、サイトの流入経路などを把握し、アクセス解析を行うことが大切です。

アクセス解析はツールを活用して行い、「Google Analytics」「Google Search Console」などを使いながら効果測定を行います。また有料ツールなどを活用する場合もあるため、Webマーケティングに関するツールは何があるか知っておいて損はないでしょう。

マーケティング担当者はこれらのツールを活用しながら、数字を見て改善策を練る必要があります。そのため数字に強くなることは、必須と言っても過言ではありません。

「SEO」はWebマーケティングで継続的な集客につながる

「SEO」はWebマーケティングで継続的な集客につながる

Webマーケティングにおいて「SEO」は、サイトへのアクセス数を増やすために必要なマーケティング手法となります。また前述した通り、SEO対策を行うことで継続的な集客へと繋がるのです。

さらにSEOは、能動的なユーザーに対して効果的なマーケティングと言えるでしょう。

なぜならSEOによって集客できるユーザーは、何かしら悩みを抱えており、それを解決したいと思って検索をしているからです。何かしらの目的が明確になっているため、次のアクションである「お問い合わせ」や「購入」につながりやすいという訳なのです。

SEO対策の重要性

さらにSEO対策の重要性について、こちらで解説をしていきます。

SEO対策を行うことで継続的な集客につながることは、前述した通りです。

Webマーケティングの施策内容でもご紹介したように、サイトなどでの集客方法はSEOだけでなく、広告という手段もあります。しかし広告出稿によって集客することは、「一時的な集客」であることが特徴です。

つまり、広告出稿の期間が終わってしまうと集客効果も下がり、長期的で安定する集客が出来ないということなのです。

一方、SEO対策を行うことで継続的な集客につながるため、広告などを比べてコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

SEO対策のポイント

SEO対策を実施する上で、下記2つのポイントを意識することが重要です。

  • 内部対策
  • 外部対策

内部対策とは、一般的にコンテンツの質を向上させることを指します。例えばコンテンツのカテゴリー設計や内部リンクの整備などのことです。

コンテンツの質を向上させるためには、ユーザーが検索するキーワード(ニーズ)をしっかりと分析し、自社サイトにおいてどのような見込み客を集客したいのか、戦略を練る必要があります。

一方で外部対策とは、Webサイトに対する外部からの評価を高める対策のことを指しています。例えば外部のWebサイトから自社サイトへと貼られたリンク(被リンク)を増やすための施策のことです。

自社サイトの記事の質が被リンクに影響し、質が高くシェアしてもらいやすい記事であれば、自然と被リンク対策ができていると言えるでしょう。

意図的に被リンクを購入する方法(ブラックハットSEO)もありますが、現在ではGoogleアルゴリズムの変化によって、このような方法で集められた被リンクはペナルティの対象となってしまいます。

被リンクの数ではなく、被リンクの質(自然な形で入れたリンク)が重視されることを覚えておきましょう。

WebマーケティングはSEOだけ実施すればいい訳ではない

WebマーケティングはSEOだけ実施すればいい訳ではない

WebマーケティングにおいてSEOの重要性をご紹介しましたが、そこで「SEO対策だけに力を入れればいいのでは?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、Webマーケティングの施策内容でもご紹介した通り、様々な方法を活用してWebマーケティングに取り組むことができます。SEOは能動的なユーザーに対して効果的なマーケティングだとご紹介しましたが、他の目的を持つユーザーには、また別の施策がマッチすることもあるのです。

このようにWebマーケティングに取り組む場合、最終的なゴールに導くためには、複数のWebマーケティングを掛け合わせる必要があることを覚えておきましょう。

ホームページに関することなら
お気軽にご相談ください

中小企業のホームページ制作を
成功させる12のチェックリストと、

コンセプトワークテンプレートなどの
お役立ち情報を掲載した資料を
無料でダウンロードできます。

メールでご相談

ホームページに関するご相談を
メールフォームから送信いただけます

お電話でご相談

アイコン:電話092-791-2108
電話受付 10:00〜19:00 定休日 土日祝

お電話でもお気軽にご連絡ください