全国対応
アイコン:電話092-791-2108
メールする
電話する

SPF、DKIM、DMARC:送信ドメイン認証と確認方法

 
Writter:LCT 編集部
2024.06.04
SPF、DKIM、DMARC

電子メールのセキュリティを確保するために、SPF、DKIM、DMARCといった送信ドメイン認証が必要不可欠です。

これらの技術は、なりすましメールやフィッシング攻撃を防ぐための強力な手段であり、正当な送信者からのメールであることを保証します。

本記事では、SPF、DKIM、DMARCの基本的な仕組みと設定方法、問題の解決策となるポイントについて解説し、メール配信の信頼性を高めるための最善策をご紹介します。

電子メールのセキュリティ:なりすましメールとは?

なりすましメールとは?

なりすましメールとは、差出人を偽装して送られる電子メールのことです。

受信者を騙して個人情報を盗むなどの目的で利用されます。

こうした脅威に対抗するため、SPF、DKIM、DMARCの送信元認証技術が重要なのです。

これらの認証の仕組みは、メールの真正性を確認し、受信者を保護するための重要な役割を果たします。

なりすましメールの被害

なりすましメールは、差出人を偽装して送信されるため、受信者が詐欺に遭うリスクがあります。例えば情報漏洩や金銭的損失など、企業や個人に深刻な被害をもたらすことが多いです。

送信元認証がない場合、攻撃者は簡単に差出人アドレスを偽装し、受信者を騙すことができてしまします。

これにより、多くの企業が取引先や顧客からの信頼を失うリスクが高まります。

送信元認証の重要性

送信元認証は、なりすましメール対策の基盤です。

SPF、DKIM、DMARCの3つの技術を用いることで、メールが正当な送信者から送られていることを確認できます。

このセキュリティ対策を導入することで、企業や個人の信頼性を守ることが可能です。

送信元認証が適切に行われていないと、フィッシング詐欺やスパムメールが蔓延し、被害が拡大する恐れがあります。

なぜSPF、DKIM、DMARCが必要なのか?

なぜSPF、DKIM、DMARCが必要なのか?

電子メールのセキュリティ強化のためには、SPF、DKIM、DMARCの導入が不可欠です。

これらの認証方法は、なりすましメールのリスクを軽減し、信頼性の高いメール通信を可能とします。

セキュリティ強化の理由

SPF、DKIM、DMARCの導入により、送信元メールサーバのIPアドレスを確認し、電子署名を検証することで、メールの真正性を保証できます。

これにより、なりすましメールの被害を防ぎ、セキュリティを強化することができます。

特にDMARCは、SPFとDKIMの結果を統合し、認証に失敗した場合の対処方法を指定できるため、さらなる安全性を提供します。

信頼性のある通信を実現し、企業の評判を保つために重要な役割を果たします。

SPFとは?

Sender Policy Framework

SPF(Sender Policy Framework)は、送信元のメールサーバーが正当なものであるかどうかを確認するための送信ドメイン認証方法です。

これにより、なりすましメールを防ぐ効果があります。

SPFの仕組みと役割

SPFは、ドメイン所有者が許可したIPアドレスから送信されたメールのみを受け入れるよう、受信サーバーに指示します。

これにより、送信元が偽装されていないことを確認し、受信者に安心してメールを届けることができます。

SPFの認証プロトコル設定方法

SPFの設定は、DNSにSPFレコードを追加することで行います。

まず、自分のドメインに関連するすべての送信元IPアドレスをリストアップし、これらのIPアドレスを許可するSPFレコードを作成します。次に、このレコードをドメインのDNS設定に追加します。

SPF設定の確認方法

SPF設定が正しく行われているかどうかを確認するには、メールヘッダー情報をチェックします。また、オンラインのSPFレコードチェッカーを使用して設定を検証することも可能です。

これにより、SPFが適切に機能しているか確認できます。

DKIMとは?

DKIMとは?

DKIM(DomainKeys Identified Mail)は、電子メールの送信者が主張するドメインから実際に送信されたものであることを確認するための認証方法です。

これにより、なりすましや改ざんを防ぎ、電子メールのセキュリティを向上させます。

DKIMの特徴と動作原理

DKIMは、メール送信者が自分のドメインから送信するすべてのメールにデジタル署名を追加する仕組みです。

この署名は、受信側のメールサーバーによって検証され、メールが正当な送信者からのものであることを確認します。

これにより、受信者はメールの真正性を確認でき、信頼性の高い通信が実現します。

DKIMのセキュリティ効果

DKIMの最大のセキュリティ効果は、なりすましメールの防止です。

署名が正しく検証されることで、送信元を確認し、改ざんされていないことを証明できます。また、DKIMはフィッシング対策にも効果的であり、受信者が信頼できるメールを受け取ることを保証します。

これにより、企業や個人のセキュリティが向上します。

DKIM設定の確認方法

DKIM設定を確認するには、メールのヘッダー情報をチェックします。

送信されたメールには、DKIM署名が含まれている必要があります。また、オンラインのDKIM検証ツールを使用して、署名が正しく設定されているか確認することも可能です。

これにより、DKIMの適切な機能を確保できます。

DMARCとは?

DMARCとは?

DMARC(Domain-based Message Authentication, Reporting & Conformance)は、SPFとDKIMを補完する送信ドメイン認証方法です。

これにより、なりすましメールを防ぎ、電子メールのセキュリティを強化します。

DMARCの機能と利点

DMARCは、SPFとDKIMの結果を統合し、認証に失敗したメールをどのように処理するかを受信者に指示します。

これにより、フィッシングやなりすまし攻撃を防ぎます。

企業は、従業員や顧客を保護し、ブランドの信頼性を維持できます。また、DMARCのレポート機能により、ドメインの悪用状況を把握し、適切な対策を講じることが可能です。

DMARCの設定手順と認証の流れ

DMARCを設定するには、まずドメインのDNSにDMARCレコードを追加します。

これには、ポリシー(none、quarantine、reject)を設定し、SPFやDKIMの認証結果に基づいてメールをどのように処理するかを定義します。

メールが送信されると、受信サーバーはSPFとDKIMの結果を確認し、DMARCポリシーに従って適切に処理します。

DMARC設定の確認方法

DMARC設定の確認には、メールヘッダー情報をチェックし、DMARCレコードが正しく設定されているか確認します。また、オンラインツールを使用してレポートを解析し、認証状況を監視することも重要です。

これにより、設定が適切であるかどうかを判断し、必要な調整を行うことができます。

SPF、DKIM、DMARCの連携による送信元認証強化

SPF、DKIM、DMARCの連携による送信元認証強化

SPF、DKIM、DMARCは電子メールのセキュリティに大きく影響しますが、それぞれを連携させることで一層セキュリティを強化することができます。

下記では、連携させることの効果についてまとめています。

それぞれの連携によるシナジー効果

SPF、DKIM、DMARCの連携は、電子メールの送信元認証を強化するために重要です。

SPFは送信サーバのIPアドレスを検証し、DKIMは電子署名を使ってメールの改ざんを防ぎます。DMARCはこれらを統合し、認証結果に基づいてメールを処理します。

これにより、なりすましメールやフィッシング攻撃のリスクを大幅に減少させ、電子メールのセキュリティが向上します。

トラブル回避と最善策について

SPF、DKIM、DMARCの設定には注意が必要です。

設定ミスがあると、正当なメールが届かなくなる可能性があります。

トラブル回避のためには、メールのヘッダー情報を確認し、オンラインツールを使用して認証結果をチェックする方法が効果的です。

最善策として、SPFレコードはシンプルに保ち、DKIM鍵は定期的に更新し、DMARCポリシーを段階的に強化することが推奨されます。

これにより、送信元認証の強化とトラブル回避が実現します。

メールが届かない場合の対処方法

メールが届かない場合の対処方法

設定を行っても、何かしらの原因でメールが正しく届かない場合があります。

その際の対処方法について下記で解説しているので、参考にしてみてください。

SPF、DKIM、DMARC設定の確認方法

メールが届かない場合、まずSPF、DKIM、DMARCの設定を確認しましょう。それぞれの設定方法については前述しましたが、正しく設定できているか確認することが大切です。

SPF設定は、DNSレコードに正しい送信サーバのIPアドレスが含まれているかチェックします。

DKIMでは、メールヘッダーに署名が正しく付与されているか確認し、公開鍵がDNSに正しく設定されているか検証します。

DMARCは、ポリシー設定とレポートを確認し、認証失敗時の対応を把握します。オンラインツールを使用して、これらの設定を簡単に検証することができます。

一般的なトラブルと解決策

一般的なトラブルには、設定ミスやDNSレコードの誤りがあります。

SPFレコードが長すぎると、認証に失敗する可能性があります。

DKIMの署名が正しくない場合、公開鍵を再確認してください。

DMARCポリシーが厳しすぎる場合、一部の正当なメールが拒否されることがあります。段階的にポリシーを強化し、トラブルを最小限に抑えることが重要です。

定期的に設定を見直し、最新の技法を適用することで、メールの配信問題を解決できます。

まとめ

SPF、DKIM、DMARCは、電子メールの送信元認証を強化するための重要な方法です。

SPFは送信サーバのIPアドレスを確認し、DKIMは電子署名でメールの改ざんを防ぎ、DMARCはこれらを統合してポリシーを設定します。これらの設定を適切に行うことで、なりすましメールやフィッシング攻撃を防ぎ、セキュリティを向上させます。

定期的にチェックを行い、最適な状態を維持しましょう。

ホームページに関することなら
お気軽にご相談ください

資料請求

写真:コンセプトワーク資料

ホームページ制作の
コンセプトワーク資料と
12のチェックリスト
ホームページの
パッと見てわかる
27の改善ポイント

無料ダウンロード
チェックリストと改善リストをチラ見せ!

メールでご相談

ホームページに関するご相談を
メールフォームから送信いただけます

お電話でご相談

アイコン:電話092-791-2108
電話受付 10:00〜19:00 定休日 土日祝

お電話でもお気軽にご連絡ください